米の乾燥

Pic_20141018

今年は、もみすり後の玄米を、一度乾燥させることにしました。去年の150kg収穫した玄米がまだ30kg以上残っているのですが、夏の間に、ややカビが生えてしまったようで、若干カビ臭さが出てしまっているのです。
玄米を、ビニールハウスにシートを広げて、2日間乾燥させてみると、89.5kgだった玄米が、84.9kgになりました。使った量りが違うので、正確かどうかは分かりませんが、かなりの水分が飛んだようです。この後は、ネルパックに入れて、酸素を減らした状態で室温保管。これで来年まできちんと保存できると思います。
さて、3年間頑張った棚田での米作りですが、今年で終わりにすることにしました。思い返せば、米作りのみならず、多くの事を学んだ貴重な日々でした。またいつか、自分達で米作りができる日が来ますように!

もみすり

Pic_20141012a

ブログでは省略しましたが、脱穀作業は、10/4に完了。(またもや出遅れて、自分の脱穀は自分ではできなかったのですが……)
本日は、いよいよもみすりです。今年は、1番バッターでもみすり機に投入。しかし、かなり頻繁にもみすり機が止まってしまい、だいぶ時間がかかりました。他の人は順調に行ったので、どうやら乾燥が不十分だったようです。やはり、稲刈りが遅かったのがいけませんでした。

Pic_20141012

最終的に、玄米で89.5kgでした。面積を減らしたこともあり、最初の年よりも少ない収量でしたが、去年の残りと合わせれば、1年食べるには困らないぐらいはとれました。
今年は、これで終わりではなく、この後、もうひと工程追加します。

稲刈り終了

Pic_20140926

種まきから166日目。忙しさにかまけて、稲刈り作業が遅れてしまったら、既に棚田の他のメンバーは全員終終了。全然稲刈りが進んでいない私の棚田を見かねて、半分稲刈りを手伝って下さいました。感謝です。翌日は、頑張って一人で一日稲刈りして、残りの半分を仕上げました。
Pic_20140926b

この後の、脱穀、もみすりは、共同で行うので、一人だけ遅れると、その後の作業が滞ってしまうのです。ここの米作りは、個人ごとの作業が基本ですが、いろいろな場面で、結いの精神も大切になります。
Pic_20140926c
1年間苦労を共にした棚田。最後はすっかりきれいになりました。

実り

Pic_20140919

種まきから、161日目。あまり手をかけられなかった今年の棚田ですが、どうにか実りの季節が迎えられました。後は、稲刈りのみです。

倒伏

Pic_20140904

種まきから146日目。

この1ヶ月、事情により、田圃に来られず、ほぼ放置してしまっていました。久しぶりに来たら、かなり稲は倒れて、水に浸かってしまっているところもありました。
今日の作業は、水抜きと、電柵下と畔の草刈り。本来は、稲を縛って、水につかないようにしなければならないのですが、そこまでやる余裕はありませんでした。今年は、ある程度諦めないといけないかもしれません。

穂が出そろいました

Pic_20140804

種まきから、115日目。綺麗に穂が出そろいました。少し生育の悪いところや、イノシシが入ったところもありますが、全体的にはきれいに育ってくれました。

Pic_20140804a

イノシシ除けの電柵も張られました。電柵は、草が触れると漏電してしまうので、今後きっちり草刈りをするのが大変です。

出穂

Pic_20140725

種まきから105日目。去年より、5日ぐらい遅れて出穂が始まりました。今年の実りも順調に行きそうです。

草取りはここまで

Pic_20140721

種まきから101日目。
結局、全部の草取りは間に合わず、一部で草と共存することになってしまいました。やや収量減になってしまうかもしれませんが、これ以上は立ち入らずに、自然に任せておくことにします。

雑草に負けるな

Pic_20140705

種まきから85日。概ね順調に成長と分けつが進んでいます。しかし、今年はコナギが大発生。場所によっては、株元を埋め尽くすように繁殖しています。こやつは、根っこが強いので、表層の葉だけ取っても、どんどん生えてきてしまいます。なるべく草の勢いを抑えるようにしていますが、勢力としては拮抗しているような感じです。稲には、もう少し頑張ってもらいたいところです。

悠々手漕ぎ旅のお引越し

悠々手漕ぎ旅のサイトを再びお引越ししました。

当面更新はしませんが、記録として残しておきます。

«草取りの開始