« 折り畳み式 | トップページ | カフナをより快適に »

筑波山

筑波山は、深田久弥の日本百名山に選ばれている山の中で、最も低い山(標高877m)です。百名山の選定基準は、山の「品格」「歴史」「個性」だったそうですが、登山口の光景を見る限り、「品格」があるとは到底思われません。何百台も集まってくるバイクの轟音は山頂にも響き渡り、不快な気分にさせられます。「歴史」については3億年前に山が形成されたと言われては、疑う余地はなし。最後の「個性」は、広い平地にぽつんと立つ姿、ということでしょうか。近くにはほとんど山はなく、天気のいい日は東京タワーや富士山なども見えるそうです。そのため、電波塔としての役割を担っていて、山頂付近には、アンテナがたくさん立ち並んでいます。これも百名山であるが故の宿命ということでしょうか。

Pic_20061210_1 

« 折り畳み式 | トップページ | カフナをより快適に »

つくばLIFE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175617/13016374

この記事へのトラックバック一覧です: 筑波山:

« 折り畳み式 | トップページ | カフナをより快適に »