« 利尻、礼文で出会った人々 その2 | トップページ | 妙義山 »

利尻、礼文で出会った人々 その3

出会った人シリーズの最後は、レポートでも書いた食堂のおやじさん。お店の周りには、メニューの説明や、お客さんの声などがぎっしり書いてあり、ちょっと怪しい雰囲気ですが、店の中もやっぱり怪しい。でも、料理はほんとに美味しい。それに、島旅好きの旅行客が好みそうな雰囲気で、見知らぬお客さん同士が、同じテーブルでおしゃべりしながら食事するのはとても楽しい。皆、おやじさんの独特な人柄に引き寄せられた人達です。

利尻を一人旅するなら、ぜひ立ち寄ってみて下さい。宿ではありませんが、場合によっては、奥の部屋で「居候」させてもらえるかもしれません。

眉倶楽部

Pic_20070807

« 利尻、礼文で出会った人々 その2 | トップページ | 妙義山 »

シーカヤック」カテゴリの記事

コメント

利尻・礼文手漕ぎ旅の力作、変わりやすい天候にも臆せず一周貫徹された意志と、動植物に対する優しい感性にうたれました。ゴマフアザラシのマウス・ピョコピョコは楽しい。孤独な険しい一人旅の中の奇しくもの人との出会いは感動が伝わってきます。 

そんなに気負った旅ではなかったのですが……
単なる気まぐれ、暇つぶしです。
今回1周できたのは、半分の幸運と、半分の強引さがあったからでしょう。もっと風任せにしても良かったかも。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175617/16004823

この記事へのトラックバック一覧です: 利尻、礼文で出会った人々 その3:

« 利尻、礼文で出会った人々 その2 | トップページ | 妙義山 »