« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

東京ポタリング

昨日は、出張帰りのついでに、渋谷周辺でポタリング。ポタリングとは、自転車で街をぶらぶら散歩することです。輪行しやすく、気軽に走れるBromptonには、最適な乗り方です。

Pic_20080928a

この日は、「RICE PAPER 88」というフリーペーパーに紹介されていた、レストランやカフェを数件回ってみました。この雑誌は、お米がテーマなのですが、あまりお米そのものの記事はなく、エコロジー全般を広く扱っています。小さなお店や、草の根的な活動の紹介が多く、共感が持てます。

Pic_20080928b

最初に立ち寄った、三軒茶屋の「OHANA」は、菜食ランチがとても美味しく、綺麗で居心地が良い店でした。近くにあったら常連になりそうです。いろいろ興味深いイベントもやっているようですので、また何かの機会には来ることがありそうです。

Pic_20080928c

バリケン成長期 25日目

しばらくレポートしないうちに、すっかり雛たちは大きくなりました。まだ9羽無事に育っています。
Pic_20080927a

最近、黒っぽい羽毛の色がはっきり出てきましたが、一羽だけ白い羽毛の雛が混じっています。実はこの子は、以前の家出していた雛で、やはり別親だったのでした……、ということだと面白いネタですが、家出バリケンは黒い羽の雛でした。時々アルビノが生まれるんですね。
Pic_20080927b

1年目母鳥の巣は、5日前ぐらいから放置されていて、
なぜか卵の数も4個から2個に減っています。
卵がかえった様子はなし。もうダメでしょう。
Pic_20080927d

大きい方の母鳥は、まだ頑張ってます。途中、雨に濡れて、卵が冷えてしまった時があったのですが、生き延びているでしょうか?
Pic_20080927c

Bromptonのメンテ

折り畳み自転車Bromptonを購入してから、はや5年。さすがに、リアのタイヤはだいぶ磨り減り、パンクすることが多くなってきました。そろそろ、タイヤ交換が必要ですが、Bromptonは特殊部品が多く、都内の専門店に行かないと対応してもらえません。折り畳み自転車愛好家を自称するなら、タイヤ交換ぐらいは自分でやるべきだろうと思い、挑戦することにしました。タイヤとチューブは通販で購入。少しグレードアップして、グリーンラベルのタイヤにしました。耐久性が高くなるようです。
後輪周りは複雑な折り畳み機構が付いているので、苦労するかと思っていたら、意外に簡単に分解、交換、組み立てができました。これで、当分は大丈夫でしょう。
Pic_20080921a

少し前の話になりますが、リア固定フックも自分で取り付けました。現在のモデルには標準で付いているのですが、私の買ったモデルは後輪が固定できず、持ち上げて方向を変えるときや、階段を上がるときに、不自由していたのでした。小さい部品の割には、お値段が高いのですが、良く考えられた固定機構になっていて、十分納得できる逸品です。
Pic_20080921b

タイヤ交換のついでに、最近接触が悪くなりつつあった、フロントランプのメンテを始めますが、これが想像以上に困難を極めました。部品を見ると、根本的に接触不良が起きやすい構造になっていて、半田付けするのも無理。10回ぐらい調整をしてみても、完全には直らず、金属片をはめ込んで、多少ましになったところで妥協しました。
基本構造は非常に素晴らしい自転車なのですが、細かいところで設計に欠陥があるんですよね。困ったものです。

つくば、つくいち

先日、つくばの中央公園で、「つくいち」というイベントが開かれていました。私のお気に入りのパン屋さんの、「ベッカライ・ブロートツァイト」が発起人で、菜食レストランの「りっつん」、自然農法で野菜作りをしている農家、ブドウ農園など、ユニークなお店が出店していました。
「生産者と消費者が触れ合える場所」というコンセプトという通り、お店の方と気軽に話をすることができます。今回知ったお店には、また折を見て行ってみたいと思いました。来月は、10月5日開催。近郊の方は、ぜひどうぞ。
Pic_20080911a

Pic_20080911b

バリケンの家出

9/2に見つけたバリケンの雛8羽。9/6までは、8羽全員ですくすく育っていました。
Pic_20080910a

池の対岸で、1羽だけ別の白いメスバリケンについて歩いている雛がいました。普通、たくさんの雛が同時に孵るので、1羽だけというのは不自然。大きさは、対岸の8匹とほとんど同じです。さては……
Pic_20080910b

今日、バリケン親子を見に行くと、9羽に増えていました。家出していたんですねー。無事に本当の親鳥の元に帰れて良かった。しかし、親鳥を間違えることがあるとは、ローレンツもびっくりでしょう。
Pic_20080910c

抱卵中の親鳥2羽はまだ頑張っています。無事に孵化するでしょうか?

バリケン増殖中

先日お伝えした、チビバリケンの営巣地。親鳥の留守中に巣をのぞくと、卵は4個だけでした。公園の芝刈り期間中でかなり騒々しかったのですが、どうにか抱卵継続中です。
Pic_20080903a

少し離れたところを見ると、別のバリケンが抱卵していました。こちらの親鳥の方が大きくて、安心感あります。
Pic_20080903b

さらに、公園を一周すると、雛を8羽連れたバリケンを発見。5月に抱卵していた母鳥とは、別の個体です。どこで営巣していたのでしょう? 全然気が付きませんでした。見たところ、まだ産まれて10日ぐらいの雛のようです。
Pic_20080903c
ということで、同時に3羽が抱卵または子育て中。洞峰公園はベビーラッシュです。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »