« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

遅霜の悲劇

今日、畑を見に行くと、つい先日まで青々と元気良く育っていたじゃがいもの苗が、黒く変色してしおれているではないですか。ショック! 一体、何が起こったのでしょう?
そういえば、昨夜は相当冷え込んでいたので、遅霜が降りてしまったようです。他の芽も見て回ったところ、インゲン豆、オクラ、ラディッシュ類は、ほぼ壊滅の状態でした。被害甚大です。
Pic_20090429
じゃがいもは、根元は生きているところもあるので、何とか復活してくれることを期待。他の種はまき直しです。たった一夜の冷え込みで、畑の様子は一変してしまうものなんですね。自然の振れの大きさには、改めて驚かされました。

自然農園の芽生え

3月から始めた自然農園の近況報告です。今は、いろいろまいた種が無事に芽を出し、徐々に成長を始めているところです。

3月に種イモを植えたジャガイモ。たっぷりと養分を含んだ種イモのおかげで、ここまでは一気に大きくなりました。
Pic_20090422a

ゴボウの芽は、力強い印象で期待できそう。
Pic_20090422b_2

万願寺唐辛子の尖った双葉。
Pic_20090422c

水菜は、発芽は早かったのですが、その後の成長がゆっくりです。無肥料のせいでしょうか。虫にもあちこちかじられています。
Pic_20090422d

10日ほど前に種をまいたインゲンも、無事に発芽してきました。やせた土地でも育てやすい豆類は、期待をかけています。
Pic_20090422e

他、ニンジン、ルッコラ、小松菜、ネギ、チャービル、レタス、オクラ、キャベツ、カブ、しそ、トマト、エンドウなど、だいたい芽は出てきています。自然農では、この後、雑草や虫との生存競争に打ち勝って、育っていくのが難しいと聞いています。さて、この後無事に大きくなってくれるでしょうか?

印旛沼から佐倉へ

悠々手漕ぎ旅のサイトを更新しました。

旅の記録73 印旛沼から佐倉へ

サイクリングロードとして人気のコースですが、シーカヤックで漕ぐ意義はあったのだろうか……
Pic_20090422_2

人吉一人旅と球磨川下り

悠々手漕ぎ旅のサイトを更新しました。

旅の記録72 人吉一人旅と球磨川下り

久しぶりの九州でのカヤックツーリングは、まさに一人旅の楽しさを満喫することができました。

Pic_20090409

球磨川下り

球磨川下り
昨日は人吉の面白い宿を訪れていました。そして、今日は白石まで球磨川下り。午前までは、天気悪かったのですが、午後からは日差しも見え始め、気持ちいい1日になりました。
しかし、今日だけで沈5回。球磨川はなかなか手強い。レポートはまた後日。

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »