« 印旛沼から佐倉へ | トップページ | 遅霜の悲劇 »

自然農園の芽生え

3月から始めた自然農園の近況報告です。今は、いろいろまいた種が無事に芽を出し、徐々に成長を始めているところです。

3月に種イモを植えたジャガイモ。たっぷりと養分を含んだ種イモのおかげで、ここまでは一気に大きくなりました。
Pic_20090422a

ゴボウの芽は、力強い印象で期待できそう。
Pic_20090422b_2

万願寺唐辛子の尖った双葉。
Pic_20090422c

水菜は、発芽は早かったのですが、その後の成長がゆっくりです。無肥料のせいでしょうか。虫にもあちこちかじられています。
Pic_20090422d

10日ほど前に種をまいたインゲンも、無事に発芽してきました。やせた土地でも育てやすい豆類は、期待をかけています。
Pic_20090422e

他、ニンジン、ルッコラ、小松菜、ネギ、チャービル、レタス、オクラ、キャベツ、カブ、しそ、トマト、エンドウなど、だいたい芽は出てきています。自然農では、この後、雑草や虫との生存競争に打ち勝って、育っていくのが難しいと聞いています。さて、この後無事に大きくなってくれるでしょうか?

« 印旛沼から佐倉へ | トップページ | 遅霜の悲劇 »

自然農」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175617/44749807

この記事へのトラックバック一覧です: 自然農園の芽生え:

« 印旛沼から佐倉へ | トップページ | 遅霜の悲劇 »