« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

枝豆発芽

2回目にまいた枝豆ですが、糸を張った効果は見られず、またほとんど鳥に食べられてしまいました。でも、全滅ではなく、3株だけ生き残っています。虫食いだらけですが、何とか育ってくれそうです。
ようやくコツが分かり、3回目にまいた豆は、順調に育ちつつあります。ポイントは、かなり厚く、広範囲に枯草をかぶせて、鳥に見つかりにくくすることですね。今年の夏は、この枝豆を肴に、ビールを飲む予定になっていますが、実現するかどうか。
Pic_20090531a

別の畝では、早くもルッコラの花が咲きました。草丈10cmぐらいしかないのに、早過ぎでは? 環境が悪いので、危機感を感じているのかもしれません。花芽は摘んだ方が、葉が柔らかくなるらしいですね。
Pic_20090531b

少々気が早いですが、蔓性の野菜のために、棚も作りました。スナップエンドウと、インゲンと、キュウリを這わせる予定ですが、その必要があるほど大きくなるかどうか?
Pic_20090531c

晴耕雨炊

今日のつくばは、一日暴風雨。こんな日は、気合いを入れて自炊です。昨日買ってきた自然農園産グリーンピースで、豆ごはん。異次元の美味さです。
Pic_20090517f

沖縄ツーリング

悠々手漕ぎ旅のサイトを更新しました。

旅の記録74 伊平屋・伊是名 米味噌ツアー

旅の記録75 沖縄本部半島1周

絶品! ティラジャー味噌ごはん
Pic_20090517e

青空ランチ

今年から始めた私の畑は、収穫はまだ当分先という状態ですが、畑の管理人さんの自然農野菜は収穫期を迎えています。昨日は、畑の脇で小さな青空市場が開かれました。出品されたのは、スナップエンドウ、グリーンピース、ソラマメ、イチゴ。
Pic_20090517a

お昼は、とれたて野菜と、りっつんの玄米おにぎり弁当で、青空ランチ。豆類は、キャンプ用の鍋と、バーナーで塩茹でにしました。
今回、グリーンピースの美味しさを再発見。子供の嫌いな食べ物の上位に入るグリーンピース。私も冷凍のミックスベジタブルは嫌いですが、さやごと茹でて食べる新鮮なグリーンピースは、全く別物です。
ソラマメは、ちょうど一般のスーパーで買ったものがあったので、帰ってから同じ条件で茹でて、食べ比べしてみました。市販のものは、ソラマメ特有の、ぱさつきや苦味がありますが、自然農のソラマメは、ピチピチした食感で、とても甘い。これも、全然別物ですな。
いちごは、形も味も不揃いですが、それぞれの個性を味わう楽しみがありました。

さて、私の区画の野菜達ですが、先週芽を出し始めた枝豆は、双葉を食べられて全滅。どうやら、キジにやられてしまったようです。
Pic_20090517b

管理人さんのアドバイスで、まいた種の上に、糸を張りました。これだけでも、だいぶ違うという話です。次は成功するといいのですが。
Pic_20090517c

完全にネットをかぶせてしまえば、当然防げるのでしょうけど、それは自然農的? 他の参加者の枝豆も被害に遭っているところは多いようですが、区画によっては、被害を免れている場所もあります。そこは、周りの草や、かぶせた枯草が守ってくれたり、地形的な理由で鳥が近づきにくいところであったりするようです。なるべく、自然の営みに沿った方法で、解決してやりたいですね。

早くに種をまいた畝では、小さなカブができ始めているのを発見。これは何とか大きく育って欲しいな。
Pic_20090517d

霜枯から復活

つくばに戻って早速、休暇中放置していた畑を見てきました。下は、10日ほど前に、遅霜にやられてしまったジャガイモ。上の方の葉は枯れたものの、ぐんぐん新しい芽を出し、見事復活してくれました。ひとまず安心です。
Pic_20090510a

スナップエンドウは、芽の上の方を鳥にかじられていますが、どうにか大きくなっています。
Pic_20090510b

種をまき直したインゲンも、本葉が開いていました。なかなかカッコいい形です。
Pic_20090510c

キュウリも双葉が開きました。そろそろ、支柱も考え始めないといけないですね。
Pic_20090510d

それにしても、いまだに芽の段階を越えている野菜がありません。果たして、収穫できるまで育ってくれるものは現れるのでしょうか?

本部半島一周

本部半島をほぼ一周し、名護から空港行きのバスに乗っています。無計画でしたが、幸運にも助けられて、飛行機に間に合わせることができました。顛末はまた後日。
5日風呂に入ってないので髪の毛ゴワゴワです。

運天港より

運天港より
4日間の米味噌ツアーは無事終了。これから1人漕ぎをしばらく楽しんできます。

米味噌ツアー2 日目

米味噌ツアー2<br />
 日目
伊平屋島で狩猟生活始まりました。手づかみでつかまえたハリセンボンはアバサー汁の具となります。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »