« 農的暮らしの研修・木を切る | トップページ | 農的暮らしの研修・苗作り »

中国電力が大動員をかけ、埋め立て工事を強行

以前にシーカヤックで訪れた、瀬戸内海の上関原発建設予定地で、埋め立てが強行されようとしています(祝島島民の会blog)。この写真が、独裁政権ではなく、民主国家の日本で撮影されているとは信じがたいことです。

人口が減少し、電力消費も減っていく将来が予想されているにも関わらず、強引に原発建設が進められようとしています。この上関原発が建設されてしまったら、どのようなことが起こるのか想像してみて下さい。

-多くの稚魚の生命を育む貴重な海が埋め立てられ
-1000年以上続く祝島の文化を壊し
-消毒液を含む膨大な温排水を瀬戸内海に垂れ流し
-何万世代先になっても消えることのない核のゴミをつくりだし
-大事故が起これば、日本は人間が住めない国になるリスクを負う

日本人なら、瀬戸内海を知らない人はいないでしょうし、ほとんど人は海産物などの恩恵を受けているはずです。これほど大きく、身近な出来事にも関わらず、大新聞やテレビでは全くと言っていいほど報道されません。この状況を知る人が増え、少しでも行動を取る人が現れれば、きっと変えられると信じています。

現地に集まって阻止行動をしている人達を、心より応援します。

« 農的暮らしの研修・木を切る | トップページ | 農的暮らしの研修・苗作り »

環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175617/50946148

この記事へのトラックバック一覧です: 中国電力が大動員をかけ、埋め立て工事を強行:

« 農的暮らしの研修・木を切る | トップページ | 農的暮らしの研修・苗作り »