« 農的暮らしの研修・炭焼 その2 | トップページ | 中国電力が大動員をかけ、埋め立て工事を強行 »

農的暮らしの研修・木を切る

今回の研修でチェーンソーの使い方を教わり、初めて本格的な木の伐採を経験しました。エンジンの扱いは、刈払機で慣れていたおかげで、お手のもの。しかし、チェーンソーは、チェーンオイル、テンションの調整、刃の砥ぎなど、いろいろメンテする場所が多く、扱いはやや難しくなります。

伐採自体は、至って簡単。倒れる方向をコントロールするためにロープを張り、倒す側の木の根元に切り込みを入れてから、反対側を切断します。数十年の年月をかけて成長した木を、10分もかからずに倒すことができます。

1本の木を倒すことで、土や、周りの木々や、この木を頼って生きてきた膨大な命に、計り知れない影響を与えていることでしょう。しかし、このチェーンソーのスピードと爆音は、それをじっくり受け止めるだけの余裕を与えてくれません。

人間は、自然に対して、どれ程の無神経さが許されるのか。時々立ち止まって、考えてみる必要がありそうです。

Pic_20110221

« 農的暮らしの研修・炭焼 その2 | トップページ | 中国電力が大動員をかけ、埋め立て工事を強行 »

農的生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175617/50937305

この記事へのトラックバック一覧です: 農的暮らしの研修・木を切る:

« 農的暮らしの研修・炭焼 その2 | トップページ | 中国電力が大動員をかけ、埋め立て工事を強行 »