« 健康被害は出るのだろうか | トップページ | 転換点 »

チェルノブイリから学ぶ

福島原発事故がレベル7に認定された今、最も役立てなければならないのが、チェルノブイリの経験です。有用と思われる情報をリンクしておきます。

原子力安全研究グループ
京都大学原子炉実験所による、膨大な研究報告。以下はほんの一部です。
  チェルノブイリ原発事故の概要 今中哲二
  チェルノブイリ原発事故の「死者の数」と想像力 今中哲二
  チェルノブイリ原発事故の実相解明への多角的アプローチ

スウェーデンの今
スウェーデン在住の研究者、佐藤 吉宗氏が、チェルノブイリ事故と、その後の対応について、詳しく書いて下さっています。以下、代表的な記事を挙げておきます。
  チェルノブイリ原発事故のあとのスウェーデン
  食品の放射性セシウムを減らすためのアドバイス
  汚染対策
  汚染対策(その2)

汚された大地で ~チェルノブイリ 20年後の真実(動画)

チェルノブイリ・百万人の犠牲者(動画)
IAEA(国際原子力機関)とWHO(世界保健機構)は、チェルノブイリの犠牲者を4000人としています。しかし、この中で紹介された本では、98万5000人であると見積もっています。なぜこれ程の違いが生じるのでしょうか? 実は、IAEAとWHOは協定を結んでおり、他方の承認なしに調査書の発表ができないことになっているそうです。原子力の推進をする団体の発表をそのまま信じられるでしょうか?

« 健康被害は出るのだろうか | トップページ | 転換点 »

福島原発事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/175617/51508045

この記事へのトラックバック一覧です: チェルノブイリから学ぶ:

« 健康被害は出るのだろうか | トップページ | 転換点 »