« ソーラーシェアリングの普及 | トップページ | ビニールハウス設置 測量と設置開始 »

伐採木の粉砕

20130117
今日は、開墾作業で発生した大量の生木の粉砕作業を行いました。伐採した木は、植物が長年の光合成によって作りだした貴重な資源です。しかし、大変かさばり、なかなか分解もしないので、そのままの形で利用することは難しい資材です。これを、粉砕機でチップにしてやれば、極めて使い道の広い資源となるのです。
早速、今日は、融雪剤代わりに雪上に振りまき、ぬかるみにまいて水はけの改善をしました。山積みにしておけば、すぐに発酵して良質の肥料になります。さらに、生の剪定枝を利用して、大変良質な野菜栽培を実践している人もいます(植物のミカタ)。

想定外だったのは、ユンボで集めた木は、絡み合い、土が混じってしまうので、引っ張り出すのが大変だったということ。機械任せの楽な作業かと思っていたら、大変な重労働になりました。

20130117a
最初、伐採木がうず高く積まれて、広く占拠されていた場所が……

20130118_2
2日の作業ですっきりとなくなり、

20130118a
完全な細かいチップになりました。体積は、およそ数十分の1ぐらいになったと思われます。手間とお金をかけた価値はありました!

« ソーラーシェアリングの普及 | トップページ | ビニールハウス設置 測量と設置開始 »

作製記1:開墾編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伐採木の粉砕:

« ソーラーシェアリングの普及 | トップページ | ビニールハウス設置 測量と設置開始 »