« 架台作製 基礎ブロック取り付け | トップページ | ビニールハウス設置 ビニール張り成功 »

ビニールハウス設置 扉が入らない

ビニールハウスは、屋根の骨組みはどうにか終わって、出入り口の面(妻面)を作製中です。奥の小さな扉は問題なく完成しましたが、いよいよ正面の大きな扉を付けていて問題が起こりました。なんと、扉のレールがビニールハウスの中に入らないのです。
今回立てているハウスは、車が入れるように、2m×2mの両開きスライド扉を注文したのですが、そのままでは、3間のハウスでも大き過ぎたようです。上のレールの両サイドがはみ出しています。

20130205

さて、どうしましょうか? 解決策は、いろいろありそうです。

1、扉を外側に付ける。
技術的には可能のようです(→番頭雑記)。ビニールを張るために、レールを外さなくてはいけなくなりますし、隙間調整を何箇所かしないといけないのが大変そうです。

2、上レールをカットする
少々手荒な方法ですが、確実です。軽トラで幅1.48m、私の乗用車でも幅1.76mなので、左右10cmぐらいカットしても何とか入れそうです。2m幅が必要なら、扉を外せば良いのです。せっかくの新品扉を加工してしまうというのが、残念なところです。

3、パイプを曲げる
ハウスを少し上から押しつぶすようにすれば、左右に広がって入るようになるかもしれません。これで行けるなら、一番きれいな仕上がりになりそうですね。風には若干弱くなるかもしれません。妻面の柱の打ち込み深さを調整したり、変形しないように、筋交いを入れる必要があります。

(2/8 追記)
実際にやってみると、22mmのパイプは簡単には曲がらないということが分かりました。結局選択したのは「2」。自宅に持ち帰って、電動ジグソーで切断しました。なるべくレールを生かすために、パイプに沿うように斜めにカットしました。

20130208a

20130208b

ドアのレールは、すっきりと、ハウス内に収まりました。これで、無事にビニール張りに進めそうです。

« 架台作製 基礎ブロック取り付け | トップページ | ビニールハウス設置 ビニール張り成功 »

作製記2:ビニールハウス編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビニールハウス設置 扉が入らない:

« 架台作製 基礎ブロック取り付け | トップページ | ビニールハウス設置 ビニール張り成功 »