« 金具作り | トップページ | パネル回転システム2 »

夏野菜苗の定植

20130513a

一部ではありますが、パネル設置が完了しましたので、下での栽培も始めてみることにしました。やはり、発電と農業を両立させないと、ソーラーシェアリングとは言えないですからね。

この土地は、田圃や畑として使われてた後で、植林されて林になっていました。重機で開墾作業を行いましたので、まだ細い木の根がたくさん残っており、土は踏み固められています。最初はなかなか厳しそうではありますが、どの程度育つのか、チャレンジしてみます。

今日は、ナス科、ウリ科の苗の定植を行いました。やってみて気が付きましたが、パネルの影のところに苗を仮置きすると、強い日差しを防ぐことができます。日陰があるために、作業がいくぶん楽に感じました。また、支柱のおかげで、まっすぐに植え付けするのが簡単です。

ソーラーシェアリングの下での農業、なかなか面白そうです。

« 金具作り | トップページ | パネル回転システム2 »

作製記5:農業編」カテゴリの記事

コメント

松岡様へ 参加の皆さん こんにちは。

ソーラ設置下で ナス科、ウリ科の苗の定植をされまして
いよいよ 試験場になりましたね。
夏頃には、ナスとウリを食する事が出来ますように。
5mピッチで柱があると 棚受け線等を渡せるのに便利かもです!。

苗の成長を月毎にでも写真UPお願いしたい所ですね。

提案ですが?

柱の高い位置のどこかに ネットワークカメラ(上下左右移動拡縮可能)を設置されWEBに公開してみては如何でしょうか。
現状の進み具合等にも公開出来るようになれば 完璧に実験場として
はグーになります。参加されてい皆さん達にも自由に現場を拝見する事や苗の成長も確認する事が可能になるのではないでしょうか。

私の家に設置しているネットワークカメラは
ちょっと古いのですが コレガ製 CG-WLNCPTGL です。
30万画素なので画像は少し落ちますが確認用としては充分です
音も拾えます。
WEB上に公開も出来ます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏野菜苗の定植:

« 金具作り | トップページ | パネル回転システム2 »