« 猛暑 | トップページ | 実り始めた夏野菜 »

針金ワーク

20130712

この道具何をするものかご存知でしょうか? まずは、こちらの動画をご覧下さい。


このように、針金を引っ張りながらねじる、ワイヤーツイスターという道具です。

ソーラーパネルに繋がっているケーブルは、そのままではぶらりと垂れ下がるので、何かで固定しなければなりません。一番作業が楽なのは、タイラップですが、対候性が低く、何年かで切れてしまうそうです。バインド線(被覆針金)で取り付ければ、非常に丈夫ですが、ペンチで引っ張りながらねじる動作は、手首に非常に負担がかかります。ワイヤーツイスターを使えば、早く楽にこの工程を行うことができます。途中から使い始めたところ、もう手放せない道具になりました。お勧めです。

(追記)製品の仕様上は、適合ワイヤー:直径0.3~0.7mmですが、#16のカラーワイヤー(線径1.6mm、芯線1.2mm)でも使えます(要握力)

« 猛暑 | トップページ | 実り始めた夏野菜 »

作製記4:パネル編」カテゴリの記事

コメント

ワイヤーツイストって 簡単そうじゃね
益々進化しているソーラーシェアリングDIY

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 針金ワーク:

« 猛暑 | トップページ | 実り始めた夏野菜 »