« 9割超え | トップページ | パネル設置完了 »

ソーラーパネルのウインチ駆動

20130804b

果てしなく続くと思われたパネル設置も、間もなく終了です。
現在の設置パネル容量57kW 進捗率98.4%、可動部総重量8.1t

パネルの回動は、以前のアーム方式でも何とか可能ですが、やはりかなり重くなってしまいました。また、大きな角度に振ろうとすると、身長も必要になります。そこで、ワイヤーとウインチを使った駆動方式にチャレンジしています。

20130804a

回転運動を、ワイヤーでスムーズに伝えるのは意外に難しく、かなり苦労しました。3日がかりで工夫した結果、どうにか動く方法が見つかりました。構造は相当複雑。8個の滑車と、おもり、キャプスタン式ウインチを組み合わせています。±70度ぐらいの範囲で動くことを確認しました。もっとスマートな方法はないものかと考えていますが、なかなか難しい。

これで女性や子供の力でも、十分動かせるようになったと思います。
動く様子は、近いうちに掲載予定です。お楽しみに!

« 9割超え | トップページ | パネル設置完了 »

作製記4:パネル編」カテゴリの記事

コメント

8.1ton ダンプ並重さです


例ですが
10φ寸切ボルト 長さ3mを柱に自在取付
腕単管の先端に自在長ナットを取付

寸切ボルトの先端に手廻しハンドルを取付けて
右廻し 左廻しで腕単管を勤かすのも1つでしょうか
ただし注油を忘れると動かなくなる!

3mの寸切ボルトを手で回すのは、つらそうです。 雨ざらし、土埃舞う中、数ヶ月放置になるのも厳しい条件です。

やっぱり無理ですよね。
ワイヤー方式駆動のムービ公開楽しみしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーラーパネルのウインチ駆動:

« 9割超え | トップページ | パネル設置完了 »